スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わっていた頃
2010年09月25日 (土) | 編集 |
「少年倶楽部プレミアム」
にのとエイトの大倉くんがゲスト。
・大倉くんと丸ちゃんが飲んでいるとこに、さとしも誘って3人で飲んだ話をしてくれた。
 さとしががんばって盛り上げていたそうw
・硫黄島の映像が。あの時23だったんだね。
 もう4年も前なんだー、って時の流れにびっくりした。
・2004年について「最初の24時間TVのあと1回終わった時期」と。
 まさにその時期にファンになりました(笑)確かに終わってた。
 本人ちゃんとわかってるんだね。嵐って本当に地に足の着いた人たちだよね。
潤くんがカウントダウンについて「嵐の分数が一番短い」って
 悔しそうに言ってた話が聞けて、なんか嬉しかった。
 私もその時同じこと思ったよ。「短!」って。

*****
今日は映画「瞳の奥の秘密」を観てきた。
アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。
しやがれでおすぎが翔くんにオススメしてたやつってこれかな?
25年前の殺人事件を軸に、ミステリーと人間模様と愛が絶妙に絡んだ話で
最後までぐいぐい引き込まれた。
ちょっと気になるところもあるけど、もう終わりかなーというあたりで
終わらずにちゃんと全部解決してくれた。
聞き慣れないスペイン語が結構耳馴染みがよかったのは発見ですね。
俳優さんもそれぞれみんな良くって、本当にいろいろ深い映画だった。
観てよかったです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。