スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「魔王」6話
2008年08月10日 (日) | 編集 |
魔王ちゃん本領発揮!
いやー、おもしろかった。めっちゃひきこまれてしまった。

芹沢親子悲しいなぁ。
「私の人生はお前の尻拭いのためにあるんじゃない」って。
お父さん、ひどい。
石坂さんはこういう役上手いよね。ホント憎らしい(笑)

ホテル出てからの領と直人のやり取りがすごくよかった。
「殺人事件ではなかったですね」って。
また領ちゃんのイヤミ出た!
しかしこの時のさとしが黒すぎて・・・。
別に役に合わないとかではなく、単に私が色白が好きなだけなんですけど。
あと眉毛がいつになくくっきり。

さとしの表情演技がすごいなーと思うの。
お姉さんから電話がかかってきたときの嬉しそうな顔。
事務所前でしおりちゃんに出くわした時の嬉しそうな戸惑うような顔。
無表情な冷たい顔。
余計な台詞がなくてもそれだけで感情が伝わるの。
だから「愛する資格はない」って説明はいらなかったかも・・・

事務所の前でしおりちゃんと出くわしたところ、
あれでしおりちゃんの事好きだって自覚したんでしょうか?
追いかけようとしてやめたところ、すごく切なくてよかった~。
でもこの話に恋愛はいらない派なんで、やめた時は「よしっ」って言っちゃった(笑)
しおりちゃんを挟んでの領と直人の微妙な空気もおもしろいんだけど、
しおりちゃん出てくると途端につまらなくなるからなぁ。

もっと領vs直人が見たいよー。もっと直人を掘り下げてー。
不倫は来週動きがありそうで楽しみw

最後の20分はすごかった。
74番倉庫に追い込むように依頼してたんだよね。
判決の日が7月4日だから74番なのかな?すげー執念だな。

池畑からレコーダー受け取る時の皮手袋の手がなんかキレイだった。
動きかな?すごいドキドキした。
他にも今回は、さとしのキレイな手が堪能できて楽しかった。

目の前で今にも死にそうな人を、あんな冷たく見ていられるなんてさすが魔王。
そんな人が恋にフラフラしてちゃ台無しです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。