スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD「転世薫風」
2008年03月30日 (日) | 編集 |
初回限定盤!

「DISK1」

久々に見たら、まあまあおもしろかった♪
本気で忘れてた。今ひとつなトコもあるけど楽しかったです。
舞台の映像化って、声が聞き取りにくいとか引きのシーンばっかりって
イメージが勝手にあったんだけど、全然そんなことなくて良かった!
この調子で、バクマツとセンゴクもぜひぜひ

やっぱりさとしの身のこなしの素晴らしさに惚れる
ダンスのターンも見事。 ダンスよく知らないけど(笑)
羽場さんは早口のときでもちゃんと台詞が聞き取れて、さすが!


「DISK2」
「FREESTYLE」ができるまで!な映像がすごく良かった~。
あの絵も字も全部さとしがやったんだ~
って懐かしく思いながらカンゲキしてました

会見前の翔くんも甘くて素敵
なんか久しぶりに「智くん」呼びが聞けたかもv
さとし「おいら」も好きv

そして何より、隠れて見てるさとしキラキラした目が最高だったなぁ~
最高に楽しそうで嬉しそうで期待いっぱいの表情。
本当に個展できておめでとう!って改めて思ったのでした。

そんでチラッとお宝舞台映像も!いろいろ楽しかったです

以下、DISK1 の辛口感想デス。
当時も同じこと思ったんだけど。

きださんの演出ってワンパターン。
最初のキャスト紹介が入る形式も好きじゃないんだよね。
これは人それぞれだと思うけど。
スローといいなんか恥ずかしい。嵐ネタもいっぱいでうざい。
シリーズってことであえて同じにしてるのかな?
センゴクにリンクさせるとああするしかないのかな?
なんて好意的に考えてみたりもしたんだけど。

内容が浅い。もうちょっと心を揺さぶられたい。
泣けるとかではなく、心の奥にズシンとくるものがない。

***追加
そうは言っても、ジャニ舞台もそうでないのも含めて今まで観た舞台の中で
本当に心に迫ってきたものなんて数えるほどなんですけどね。
だから特別きださんのが悪いわけでもないんです。
普通におもしろかったし。ちゃんとまとまっててわかりやすい。
ただどうせならもう1段上の内容でさとしが見たいなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。