スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「デスノート」
2006年06月28日 (水) | 編集 |

藤原竜也はやっぱりイイね
おもしろかった・・・んだけど、
やっぱりマンガ原作って感じだったわ。
前半のエキストラ?脇役さん?がショボすぎて見るに耐えない。
月イチゴローで吾郎ちゃんが言ってた通り。

でも後半はそういう人が出てこなくなってしっかり見れた。
後編も見たいなーと思える内容でした★

「ノートに名前を書いたらその人が死ぬ」ってことなんだけど
それだけじゃなくて、何月何日何時何分にどこへ行って何をしてどう死ぬか、
ってことまでノートに書けるのよ。
それが話を展開させてるんだけど、でもそんなん「何でもありやん」と思ったり。
しかも後付で「実はこんなこともできる」ってのがポロポロ出てきて。。。
そういう辺りがマンガだなー、って。
でもでも、とてもおもしろかったです!

CGの死神がかなり良かった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。