スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞台「コリオレイナス」
2007年02月17日 (土) | 編集 |
シアタードラマシティで蜷川シェイクスピア観てきました!
coriolanus
紀元前5世紀初め、共和制に移行したばかりのローマが舞台。
チケット取ってもらったのが去年で、出演者とか内容とかもよく知らず、
難しそうだけど大丈夫かな~~?なんて心配してたんだけど
ちゃんと理解できて一安心。

緞帳が開くとそこは全体を覆う鏡になってて、客席が丸々映ったり
それが透明になって舞台の奥が見えたりと鏡の使い方がおもしろかった。
舞台装置も観劇の楽しみの一つです。

休憩挟んでも3時間半ぐらいあったんだけど
退屈さを感じさせないとても見応えのある舞台でした

タイトルロールの唐沢さんがすごくよかった!本当に名優ですね。
オーフィディアス役の勝村さんもTVとは違う骨太な感じで素敵。
コリオレイナスの母役の白石さんはさすがの存在感。

こんな重厚な芝居なのに、変なネタとかしなくても
ちょっとした間の取り方でちゃんと笑わせることができるんだなぁ、と
勉強になりました。いや、私が勉強する意味はないんだけど(^^;
イイモノ見れた

みんな声枯れてたけど、とにかくすごい台詞の量で、無理もないなーと。
上手いとか関係なく声は枯れるんだね。


あとね、「コリオレ イナス」だと思ってたら
「コリオ レイナス」だった(笑)ちょっとひっそり自分にウケた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。